FC2ブログ

【眼】レーシックの適応検査。









今回は字の強調についても考えて書いてみました。
 (ブログの記載方法に慣れてないので練習も兼ねてます。すいません。。)


2012年5月にクリニックに事前の適応検査に行きました。

本当はまず事前説明会に行くつもりだったのですが、電話でクリニックに問い合わせしてみると、
『説明会の内容は適応検査でも話すので、遠方から来るなら検査の方が2度手間にならないからいい』
と言われたので、そうしました。
 ※以前からネット等で情報収集していたので、説明会はいいかなと思いショートカットしちゃったわけです。


予約した日にクリニックに行き、まずは目の状態検査から実施。
検査項目は・・・
・視力(裸眼and眼鏡の状態)
 →通常の視力検査です。
・屈折度
 →近視・遠視・乱視の状態を測る検査らしいです。
・角膜曲率半径
 →角膜(黒目の表面)のカーブの度合いを表します。コンタクトレンズを選ぶ際に、
  この値を参考する事があるらしいです(もちろんレーシックでも必要な項目です)。
   ※角膜は完全な球形ではなく、ラグビーボールに近い形らしいです。(初めて知りました。。)
・角膜厚
 →その名の通り、角膜の厚さを測ります。
・暗所瞳孔径
 →暗所で開いた瞳孔の直径を検査します。
・眼圧
 →眼球内を満たしている眼内液の圧力を測ります。

 ※補足
  『角膜厚』について、日本人の目の角膜の厚さは、平均は『500μm』。
  で、私の場合、検査結果は両目とも約『550μm』でした。
  手術する場合、目を削るとしたら『25~30μm』程度との事。
  (近視が弱かったため、そんなに削らなくても良かったらしいです。)

  レーシックの場合、450μmくらいまで削っても大丈夫のようだから、
  術後近視に戻っても、まだ再手術で削ることが可能らしいです。
  ・・・まぁもう一回なんて考えたくないですどね。。(;゚д゚)


その後、レーシックの手術方法やコースについてのビデオを視聴。
内容は・・・
・レーシックの手術手順
・手術数日前から手術後の注意点や、自分で行う必要のあるケア方法
・手術日~手術後までのスケジュール説明
・病院側のアフターフォロー体制



視聴終了後、検査結果を聞き、スタッフの方からレーシック受ける事が可能である事と、
ビデオの補足、追加の説明。
手術内容の詳細から、リスクの事まで、こちらの質問も全部答えてもらいました。

その日の内に受けたいコースと手術日を仮予約しておいて、後日電話で日時指定して手術日を決めました。


事前の検査や手筈についてはこんな感じです。

次回はレーシック当日の事について書いていきます。










コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hiroseye

Author:hiroseye
現在猫と共に生活をしております。

HPの紹介にも書いていますが、昨年の6月にレーシックを受けまして、それ以来目に対してどうやったら大事に出来るか情報を集めています。

その内容を備忘録も兼ねて、書いていこうと思っています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR