【眼】レーシック手術当日。







2012年6月、手術30分前くらいにクリニックに到着し、最初に手続きや事前の説明を受けました。

内容は主に↓です。
・現在の体調や、化粧はしてないか、コンタクトは数日前からしていないか等の確認
・同意書の提出や、料金の支払い(手術後だと面倒になりますしね)
・手術終了までの肯定
・手術後の注意点
・翌日以降の予定(翌日検診)

この説明の時に、保護メガネ、点眼薬(3種類)をもらいました。


説明を受けてから十数分後、手術室の前室に入り、手術着と頭にかぶる帽子を装着。
それと手のアルコール消毒も行いました。

その後目のチェックを行い、問題なかったので麻酔入りの目薬を点眼。
 →数分後に目に若干の重みが出てきました(瞼が重くなった感じ)。


手術室に入るとスタッフの方が5~6人いて、(視界がボヤけているため)介助されながら手術台に乗りました。
 →手術台に寝ると天井に『目玉のオヤジ』がいて、これは突っ込むべきなのかどうかちょっと複雑でしたw


【手術開始】
複雑な気持ちのまま、手術開始。
・まず目の前に(レーザーを照射する)機械が出てきたけど、麻酔が効いてるためか、既によく見えない状態。
 ただレーザー照射中はうっすら光ってるのが見えつつ、何か焦げてる臭いがしたのを感じました。

 右目の次に左目を実施。
  →この作業は約5分。

 両目完了後、目を空けてるのに、目の前は真っ暗。
 失明ってこんな感じなのかなぁと思いつつ、この時が一番不安でした。

・次は顔~上半身に何かかぶせものをかぶせられました。
  ※多分医療ドラマでよくある、手術者にかける布みたいなやつです。

・その後、目の角膜を削っていく作業を開始したと思われます。 →推測
 この時の状況は、何も判別できず、濃霧がかかったような状態で光が見えていました。
 最後に目をヘラのようなもので整えた感じでした。
  ※多分『フラップ(目の表皮?)』を正しい位置にしてたんだと思います。
  ※ここまで特に痛み等はなし(この作業は両目で2~3分程度)。


以上で手術終了。
 ※最後にかぶせものを剥がしたが、顔の周りを地肌にテープで直接固定していたため
   無造作で剥がされて手術の中で一番痛かったかもしれない。。

その後、部屋の脇の方で目の検査を行い、フラップがちゃんと固定されているかを確認。
 →この時の視界は白みがかった状態(確かにこの状態で車は運転できないです)。
  しかし、遠くの文字なんかがぼやけずにはっきり見えていたので、成功したんだろうと思いました。

手術室を出てから休憩室で術後の注意点や目薬と保護メガネの事について再度説明を受け、
3種類の目薬を点眼後、宿泊先のホテルへ歩いて移動。


とりあえず手術当日の内容はこんな感じです。
この手術の中で『目を空けてるけど見えない』って状態は本当に怖かったけど、
手術中にスタッフの方がずっと手を握っててくれた事が不安を和らげてくれたんだと思います。


次回は翌日検診の事について書いていきます。









【眼】レーシックの適応検査。









今回は字の強調についても考えて書いてみました。
 (ブログの記載方法に慣れてないので練習も兼ねてます。すいません。。)


2012年5月にクリニックに事前の適応検査に行きました。

本当はまず事前説明会に行くつもりだったのですが、電話でクリニックに問い合わせしてみると、
『説明会の内容は適応検査でも話すので、遠方から来るなら検査の方が2度手間にならないからいい』
と言われたので、そうしました。
 ※以前からネット等で情報収集していたので、説明会はいいかなと思いショートカットしちゃったわけです。


予約した日にクリニックに行き、まずは目の状態検査から実施。
検査項目は・・・
・視力(裸眼and眼鏡の状態)
 →通常の視力検査です。
・屈折度
 →近視・遠視・乱視の状態を測る検査らしいです。
・角膜曲率半径
 →角膜(黒目の表面)のカーブの度合いを表します。コンタクトレンズを選ぶ際に、
  この値を参考する事があるらしいです(もちろんレーシックでも必要な項目です)。
   ※角膜は完全な球形ではなく、ラグビーボールに近い形らしいです。(初めて知りました。。)
・角膜厚
 →その名の通り、角膜の厚さを測ります。
・暗所瞳孔径
 →暗所で開いた瞳孔の直径を検査します。
・眼圧
 →眼球内を満たしている眼内液の圧力を測ります。

 ※補足
  『角膜厚』について、日本人の目の角膜の厚さは、平均は『500μm』。
  で、私の場合、検査結果は両目とも約『550μm』でした。
  手術する場合、目を削るとしたら『25~30μm』程度との事。
  (近視が弱かったため、そんなに削らなくても良かったらしいです。)

  レーシックの場合、450μmくらいまで削っても大丈夫のようだから、
  術後近視に戻っても、まだ再手術で削ることが可能らしいです。
  ・・・まぁもう一回なんて考えたくないですどね。。(;゚д゚)


その後、レーシックの手術方法やコースについてのビデオを視聴。
内容は・・・
・レーシックの手術手順
・手術数日前から手術後の注意点や、自分で行う必要のあるケア方法
・手術日~手術後までのスケジュール説明
・病院側のアフターフォロー体制



視聴終了後、検査結果を聞き、スタッフの方からレーシック受ける事が可能である事と、
ビデオの補足、追加の説明。
手術内容の詳細から、リスクの事まで、こちらの質問も全部答えてもらいました。

その日の内に受けたいコースと手術日を仮予約しておいて、後日電話で日時指定して手術日を決めました。


事前の検査や手筈についてはこんな感じです。

次回はレーシック当日の事について書いていきます。










【眼】レーシックのきっかけ。

最初なので、まず簡単に私の(眼に関係する)自己紹介を。

小さい頃は、視力2.0で『見る』事に関しては特に気を使う事なく生活してました。
メガネをかけた友人からは視力検査の時によく羨ましがられましたが、普段の生活で当たり前の事でしたので
『メガネをつけるって面倒だなぁ』って思っていました。

その後、20歳を過ぎて携帯電話が世に普及し始めて、ブラウザの画面を夜中の暗がりの中で1日数時間見続けていました。


視力が落ちたと初めて気付いたのは会社の健康診断の時。
視力が『0.7』という診断結果が、かなりショックを与えてくれました。
年単位で徐々に低下していたため、私も気付かず、それからは視力回復に関する情報を調べて
毎日ケアしてきましたが時すでに遅しと言いますか、視力の回復(と現状維持)には至りませんでした。

その結果、視力は落ち、3年くらいの間で視力が0.2まで落ちてしました。。


視力が0.2で安定し始めたのが、2005年の25~26歳くらいの頃。
メガネも購入し、日常にメガネが必須となり、この頃から証明写真にはメガネをつけた自分が写るようになり、
免許証の更新には『眼鏡等』の運転条件がつくようになりました。


話が変わって、私の趣味はバスケットボールです。
見るよりは、する方が好きで、コンタクトにも挑戦しました。
このコンタクトをつける行為がものすごい下手くそで、遅い時は30分以上かかる時もあって、結構ストレスになることもしばしば。。
なので、日常はメガネ、スポーツをする時はコンタクト(1Day)と言う感じでつい最近まで使用していました。


レーシックの存在を知ったのは、2007年頃。
職場の人間が大阪まで行って手術をしており、その後は裸眼で生活をするようになっていました。

これがとても羨ましく感じ、ネット等で色々とレーシックを調べてみました。
そうすると、成功談があれば失敗談もあり、失明の恐れもあると書いてあったために及び腰になり、
あまり乗り気になれませんでした。
また、その当時は広島に住んでおり、遠くで手術となると術後のケアが難しいかなと言う点も
ネックとなっていました。

時が流れて2012年5月。
仕事に目処がついて時間が確保でき、33歳になったので、このタイミングでやっておかないと
多分一生やらないだろうなと思い一念発起しました。

本格的にネットで下調べをしてから約1ヶ月後には手術しました。
(多分時間が空くと決心が揺らぐと思いましたので。。)

これが手術前までの経緯です。
適応検査や手術の内容に関しては順次アップしていこうと思っています。
 ※このブログは自分の備忘録用としても残してるって感じです。
  追記があれば、何らかの形で付け足していきます。

次回は適応検査の検査した内容について書いていきます。



【番外】練習です!

今回は『目』に関するものではなく、アフィリエイト広告についての練習になります。
※ちゃんと本題についても書いていきます。すみません。。(゚∀゚;)


中古パソコンのデジタルドラゴン

こちらに会社さんについてのご紹介になります。
中古パソコンや、ノートパソコンを取り扱っているとの事ですが、
購入後のサポート等、サービスに重点が置かれている模様です。

通常のパソコンの使い方は知っていても、普段にはない故障時やハードをいじる場合は
やはり専門家のサポートがあると心強いと個人的には思っています。

最近はすぐに性能のいいものが発売されているから、かなり中古市場も潤ってるのではないでしょうか?
サブマシンで1台購入ってのもありなのでしょうか!?











テーマ : (^ω^)にゅーん
ジャンル : 日記

プロフィール

hiroseye

Author:hiroseye
現在猫と共に生活をしております。

HPの紹介にも書いていますが、昨年の6月にレーシックを受けまして、それ以来目に対してどうやったら大事に出来るか情報を集めています。

その内容を備忘録も兼ねて、書いていこうと思っています!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR